セルフイメージを書き換えたい人が知っておくべき脳内エラーの原因と修正方法

新しい技術を学ぼうとしているがうまくいっていない本当の理由とは

こんにちは。4月もあと数日で終わりですね。

進級や異動した人は新しい人間関係とのコミュニケーションや

新しい知識や技術を習得しなければならなくなった方もいると思います。

今回の記事は転職や異動に使える技術をシェアしたいと思います。

新しい知識や技術を習得しようとすると、必ずぶつかるのが難しくてできないよーという気持ちです。

もう絶望して、なにもかもやめてしまいたいと思う日々もありますよね。

それはあなたのセルフイメージが限界であると叫んでいる状態です。

そんな中で無理にがんばったり、プラス思考にしても長続きはしませんよね。

疲れていたりしたらなおさらです。

今回はそんなあなたに私が絶体絶命のピンチによく使える本質的な技術をあなたにだけにこっそりお教えします。

以前はできなかったが今は簡単というエクササイズやり方

これはセルフイメージ心理学の権威Dr.モルツ氏が考案したメソッドです。

1.いったん立ち止まる。ストレスや不安が募らないように注意する。

がんばるのをやめてみましょう。焦る気持ちを一度捨ててみてください。開き直りです。

2.心を静かに穏やかにします。

深呼吸をします。椅子に腰をかけて、ゆっくりと息を吐くことに意識を向けて5分くらい繰り返します。

3.今までの経験の中で「以前はできなかったが今は簡単」なことを残らず思い出します。そして今は難しいがかできないと思っているもの、今後できるようになってみたいことを少なくとも紙に3つ書いてください。

以下は筆者の例 思い出した順

幼稚園に行くこと

箸をうまく使えること

自転車に乗ること

スポーツ少年団に入ること。

条例(法律)を作成すること

受験をすること

自動車の運転

報告連絡相談や電話対応

パソコンの入力

寮生活

英語を読むこと

株価チャートを読むこと

財務書類を作成すること

証券会社でIPOの営業をすること

銀行業務を覚えること

公務員試験の論文を書くこと

公文式

彼女ができること

法制執務

資金調達

今後できるようにすること

1.10年でその分野で日本一になる事業を経営すること

2英語でストレスなくコミュニケーションができること

3アイアンマンレースで完走すること

4.今は変わり目、言い換えると過渡期であり、このような過渡期は今まで何回も何回も経験してきた、と考えます。

5.自分の潜在意識に「またやってきた」と語りかけます。

6.最後に「できない」こともやがては「カンタン」になると考えます。

セルフイメージとは

セルフイメージとは自分が自分に対する意見です。自分とはどんな人間かという考え方、概念です。

意見をちょっとだけ変えることが前に進める力になることもあります。

まとめ

あなたに大切な人がいて、新しい仕事などの壁にぶち当たり、セルフイメージを落としているのであれば、

このエクササイズを教えてあげてください。少しでも自信を取り戻せるはずです。

きっとできると信じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です