僕が不動産屋になろうと決心した瞬間。親になぜ今の家を買ったのか聞いたところ、返ってきた答えは。

僕は不動産屋の代表になる準備をしている。

その理由は、あることがきっかけだった。

今から25年前

ぼくがまだ中学生だった頃

思春期だった僕は自分の家にかなりのコンプレックスを抱いていた。(実際は親の家ね)

自分の家が嫌で嫌で、しかも恥ずかしくて仕方がなかった。

建物はその時点で築25年くらいの木造二階建て

そして

外壁がトタンだったこと。トタンかよ。友人でトタンの家は貧乏で有名なW君の家だけ。

そして色も赤茶。これがダサいと思っていた。

よくわからない使えないシャッターもついていた。

中身もセンスのかけらもない内装。

なぜ、親はこんな家を買ったのか。いつも聞いた。なぜこんな家を買ったのか。

返ってきた答えは。

なぜって?

なんとなくだよ。おかあさんが買っちゃんたんだよ。勝手に。1,200万でさ

えーーーーー。ひざから崩れ落ちそうになった。

なんとなくー なの??かるいな

そう。

子どもの僕にはどうしようもない回答だった。

それからというものの

疲れて帰ってきた父親が風呂に入っているときになんとか家を建ててくれと毎日のように懇願した。

家の値段やローンの残債のことなどわからない。

とにかく自分の家が嫌いだったのだ。

友人の家は外壁が白くて屋根も綺麗。出窓。なぜか出窓はお洒落だと思っていた。

なぜ、自分の家だけださいのか。

よくよく調べてみると実はこの建物は昔、倉庫として使われていたものをアパート風にリフォームしたものだった。

外見は倉庫のような建物。

中身は1LDKを4戸作ったイメージで

50坪の敷地に目一杯建てられた倉庫だった。

だからみんなの家とはそもそも作りが違うのだ。

そんな自分の家とは早く離れたいとずっと思っていた中学生時代。

夢の新築の図面を毎日のように書いて風呂場で頭を洗っている父親の背中に必死でプレゼンした毎日。

そんなことを思い出しながらこの記事を書いている。

そう、実はまだ僕はこの家に住んでる。親に家賃を払って。あれから25年がたった今も。

しかも昔のままのこの家に。

そして今はなんとなくこの家が好きなのだ。

中身は少しリフォームしている。

外壁もペンキを塗り変えた。でも基本的に古い家だ。ダサい。すくなくともお洒落ではない。

が、恥ずかしいと思わなくなった。

なんでそんなに変わったのか。

一つは、家よりも大切なことにお金を使いたいから。

いつでも予算と時間の制約がある。だから選択しなければならないコトだらけだ。

同世代よりも自己投資に金額と時間は投資していると思っている。

収入が少なかった20代の頃から年間100万円以上は本やセミナーに投資してきた。

つまり自分の頭を信じて投資してきたわけだ。

15年は自分への教育に費やしてきた。

いつでも借金すれば4千万円の戸建てくらいは建築できるけれど、信用を毀損するのは嫌だし、

自分が住むために不動産を取得するより、他人に貸したほうがどう考えても

自分のお財布は潤う計算だからだ。

だから自宅は最後だ。この順番を大切にしたいと考えている。

今は自宅建設は後回し。

自分のビジネスや投資にお金を回すほうがよっぽども利回りやキャッシュを生むと思っているし、

実際にそうだった。

自分の親がなんの判断指標ももたず、銀行のローンの金利も分からず、

見栄を張って勢いで沼地を埋め立てた分譲地の家を買ってしまった歴史を胸に刻み、

自分は繁栄する日当たりや風通しのよい、いいコミュニティを形成している土地を購入したい。

そう思うようになった。そして焦らずじっくり時期を考えてから買おうと考えている。

見栄で家や車を買い、自宅で隠れて支払いにひいひい言うほうがよっぽども恥ずかしいと思っている。

支払うべきものも支払えない。

お金にせこく、性格までゆがんでしまう。

そんなぎりぎりの精神を持つくらいだったら、

他人から貧乏そうと思われてもキャッシュがあったほうが何百倍も自信を持って生きられるのだ。

※ここで言う貧乏そうとは、見栄っ張りの人が考えている表面的な貧乏そうということ

そう思うことを実行してきて、経済的に余裕がでてくると、精神的にも豊かになった。

豊かになったと書いたが、

実際は自分なりの豊かさを定義したことが大きい。

具体的に言うと、

学生時代の自分のお金の使い方は

見栄っ張りで

身分不相応の部屋や車を所有して。

(最初に買った車はシボレーカプスワゴンというアメ車だ。すごい選択。国産車に比べて燃費が悪い)

いい服を着てるのが一番だと思っていた。

それがある事件から変化した。(その話しはまた次回にします。)

そして自分の親の金銭感覚をそのまま引き継いだ自分をそこにいることに気がついたのだ。

いろいろ書きましたが、今の家、安全性の問題や親の足が悪いことなどを考えて

いい土地、新しい土地に自宅兼事務所を新築しようと考えています。

しかも賃貸併用です。

なるべくなら不動産屋らしく自分好みの土地を素早く探したいと思う。(ちなみにアイキャッチは六麓荘)

不動産屋である僕が探す土地の条件は優先順位があります。その優先順位もまた次回に。

長くなりました、読んでくれてありがとうございます。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です